適正な代車費用を獲得するために②(代車期間)~自動車販売・修理業者様に向けて~


2015.4.1

弁護士の植松です。

今回は、代車費用が認められる期間についてご説明していきます。

 

結論から申し上げますと代車費用が認められる期間は、2週間から1ケ月程度が大多数です。

これは事故車両の修理に必要・相当な期間、事故車両と同種・同程度の中古車への買換えに必要・相当な期間がこの程度だと考えられているためです。

 

つまり、1ケ月以上の代車費用が認められるためには、特別な条件が必要になります。

具体例としては、次のような事例があります。

①相手方保険会社の担当者が車両をみにこないために修理にかかれない。

②全損で買換えを考えているが特殊な車両のため同程度の中古車がなかなかみつからない。

 

①②と同様の事例を取り扱ったことがありますが1ケ月以上の代車費用が認められた事案では次のような取り組みをされてました。

・保険会社とのやり取りをFAXで行う。

・電話で連絡をとっていたが途中で担当者のレスポンスが遅いことに不信を感じ、それまでのやり取りの経過を相手方保険会社からFAXで出すように指示。

・同種の中古車の購入依頼を書面として保存。購入先からの回答をFAXで受領。

 

とにかく証拠がないと保険会社は理由をつけて期間を短かくしようとするのでやり取りを後に残る形式で行うことが重要となります。

 

代車費用の期間が短いことでお困りのことがあればまず一度ご相談ください。

無料相談申込みはこちらから