四ツ橋総合法律事務所 大阪オフィスの弁護士、木上 諭志をご紹介します。

  • 木上 諭志

    ご相談者と歩調を合わせて 解決に向けてまい進して参ります!

    私は、自身の経験から、普段の生活に密接する問題に関わりたいと考えて、弁護士になりました。 さまざまな問題に直面し、悩んでおられる方の立場に立って、少しでもその負担を軽減で来るよう、仕事をしていきたいと考えております。

私は、自身の経験から、普段の生活に密接する問題に関わりたいと考えて、弁護士になりました。さまざまな問題に直面し、悩んでおられる方の立場に立って、少しでもその負担を軽減で来るよう、仕事をしていきたいと考えております。 弁護士に相談するかどうか悩んでおられる方もいらっしゃるかと思います。しかし、まずは相談してみて不安を私たち弁護士にぶつけてみるだけでも、不安が軽くなることもあります。その中で、法的問題があれば、あり得る方法を示しながら、一緒に解決に向けて考えていきたいと思います。 私は、大学で軽音部に所属しており、その中でギターを担当していました。ご相談にいらっしゃった方と歩調を合わせて、解決に向けてまい進したいと考えております。

経歴

平成20 年
県立柏原高校卒
平成24 年
大阪市立大学法学部卒
平成27 年
大阪市立大学法科大学院卒
同年
司法試験合格
平成28 年
弁護士登録

所属

大阪弁護士会

主な取扱い区分

交通事故 債権回収 破産(個人・法人) 事業承継 事業再生 相続 不動産関連事件